anidocどうぶつ病院 施設の紹介

診察室

プライバシーを守り、ワンちゃん・ネコちゃんが逃げないようしっかり密閉できる個室となっております。テレビモニターを使いながら診察結果を聞いていただくこともできます。

入院室

飼い主様に安心してお預けいただけるよう常に清潔、快適を心掛けています。大型犬も安心して過ごしていただける犬舎になっています。ICU(集中治療室)も併設しているので、重症な子も受け入れ可能です。

手術室

より安全な麻酔下で手術を行うために生体モニター・心電図・人工呼吸器を使い注意して行います。また、必要に応じて手術中のX線撮影も可能です。常に清潔な環境づくりを心掛けております。

anidoc SPA ルーム

プロ仕様の機材でお客様ご自身でペットを洗えるセルフシャンプーコーナーです。初めての方もスタッフが丁寧にご案内いたしますので安心してご利用いただけます。

anidocどうぶつ病院 院内設備の紹介

診察台  体重計の付いた診察台で、20g単位で測定可能です。小さなペットの体重変化に敏感に反応してくれる優れものです
ステンレスゲージ  下段は最大幅1m 20cmまで広がり、大きなワンちゃんの入院にも対応可能です。上段は、小さなワンちゃん・ネコちゃんの入院に適しています。
ICU  酸素濃度と室温を24時間コントロールすることができるので、呼吸の苦しかったり状態の悪いワンちゃん・ネコちゃんや、手術後の動物をお預かりすることが可能です。下段では、大きなワンちゃんも入院できます。
ケージ内は空気洗浄機能があるので、隔離施設としても利用可能です。
X線発生装置  X線検査は、最も基本となる画像検査の一つです。骨格や肺の状態確認ができ、固い異物などを確認することができます。また、心臓の大きさの評価や腹腔内の巨大腫瘤が発見できる場合もあります。ワンちゃん・ネコちゃんの健康診断時にX線検査を行うことで、病気の早期発見につながることがあります。
生体情報モニタ  麻酔中に動物たちの状態を知るための装置の一つです。心臓の動きや体温、体中に酸素が足りているのかなどをみることで、手術の成功率を格段に上昇させることができます。
全自動血球計算機  血液中の細胞数をみるための装置です。貧血や脱水、炎症反応や血液腫瘍などを疑うことができ、病気への早期対応につなげることができます。
血液生化学分析装置  血液中の酵素や代謝物の測定を行うことができます。症状が出にくい肝疾患や腎機能低下の指標となる酵素や代謝物、体液バランスの異常、血糖値などが測定できます。また、定期的に測定することで、症状がなくてもわずかな変化に気づくことができます。
ポンプ  静脈点滴をするときに、薬や輸液剤を一定の割合で静脈内に直接送る装置です。循環が悪い子には、体液成分に近い輸液パックを用いて、急速に必要成分や必要量を体内に補うことも可能です。少ない量の薬剤投与でも、シリンジポンプを使うことで、より正確な薬用量を体内に送ることができます。
分包機  少ない投与量で効果が強く出てしまうような薬剤を正確に分包する機械です。飲む回数ごとに、種類の多い薬剤をまとめるために袋分けします。
吸引機  手術や麻酔を行う際に、使用する機材です。貯留液などの吸引排出に使用します。
歯石除去スケーラー  麻酔下で使用し、歯石を除去する機械です。歯石を除去することで、歯周病の悪化を防止し、口腔内の環境を改善します。
歯科用エンジン  歯根が傷んでしまい抜歯が必要な際、その歯を抜きやすくするために分割したり、歯の表面を研磨するのに使います。表面を研磨して滑らかにすることで、歯垢や歯石が付きづらくなります。
全自動高圧蒸気滅菌機  手術部位に触れる医療機材の滅菌に使用します。高い温度により、すべての微生物を死滅・除去し、手術中の感染リスクを可能な限り防止します。
超音波検査機械  X線検査と併せて使用することにより、低い侵襲性で腹腔内の詳しい検査が可能となります。肺の状態や骨に関しては評価することが難しいですが、X線では発見できない消化管や心臓などの形や動き、血流などを見ることができます。ご飯を食べた後では、消化管ガスなどが邪魔をして検査がしづらくなるので、検査当日はご飯を抜いてきてください。